核兵器および通常兵器の廃絶をめざすブログ

近代文学研究を通して、世界平和を考えています。

出口智之「近代文学研究は近代「文学」研究で十分か?ー樋口一葉「十三夜」から考える画文学の試みー」

 『日本文学』2022年4月号。先月号になってしまいましたが、気にとめていたご研究です。

 画文学、つまり小説と挿絵を合わせて考察する試みです。江戸時代の作家は文章のみならず下絵も描いて絵師に回していましたが、明治以降の近代作家にもその伝統は残っていたとのこと。広津柳浪幸田露伴樋口一葉に、作者が挿絵に関与していた痕跡を探る試みです。現代の文庫本や全集本や電子書籍などでは省かれてしまう挿絵ですが、今後は画と文の学、画文学が必要なのではないかと。まったく同感です。

 実は私も、仮名垣魯文の『安愚楽鍋』をかじった時、出口論にも引用されている野崎左文の証言(絵が先で文章が後という工程)を読んだ記憶があります。

 『安愚楽鍋』はけっきょく、あのウシとウマの対話部分の考証が、挿絵も含めてうまく進まずに凍結したわけですが、未練は残っています。

 次に思いついたのは、木下尚江『火の柱』。この作品は研究生時代に新聞初出を全文コピーしたものを、今でも大事に保存しているわけですが、あることが気になって読み返したところピンポンでした。いずれ紹介します。

 

充電、完了!

 注文した論文が無事届きました。

 今書いている論文に直接参考になるというものではありませんが、燃料補給には大いになりました。

 しかし、いい論文を読んだ後というのは、注に挙げられた未読の文献もどんどん読んでみたくなるものでして。今のコロナ禍がおさまったら、また国会図書館へ行きたいものです。

 

福地桜痴『小幡山』、一気読み

 一応眼を通しましたが、第二次長州征伐から鳥羽伏見の戦いまでの、幕末の動乱はわずか2ページで片付けられるありさまでした。時勢は完全に背景で、筋は小幡兄弟と二人の女性(いじわるな兄嫁と、清純な弟の恋人)の関係をひたすら追っています。

 幕末なのに「恋愛」を行動原理とする弟の人物造形はちょっと目新しいのかも知れませんが、『カラマーゾフの兄弟』みたいな思想対立のドラマを期待していたこっちには肩すかしでした。

 少し前に桜痴が書いた『女浪人』とは比較にならない通俗時代小説です。福地桜痴らしい、生き生きとした主張は感じられませんでした。

論文も作業もお休みして

 今日は幕末クトゥルフTRPGのシナリオ書きに専念しようと思います。

 残る敵は白虎隊の会津藩、ガトリング家老の長岡藩、幕府が大金かけて買い付けた甲鉄艦、それに函館五稜郭。どうまとめるかです。

 『小幡山』でも読んでみるかな。桜痴のぱくりにならない程度に。